2017年8月1日火曜日

どこかのごはん2話(途中)





























































目次に戻る


-----------------
スポンサードリンク

-----------------

2017年5月3日水曜日

足利から高崎まで自転車で行く

上尾→足利(前回)

2017年5月1日、栃木県足利市のホテルから自転車で出発。時刻は午前9時ぐらい。
目的地は群馬県高崎市である。

県道38号線を南下して、群馬県太田市に行く。
そして国道122号線を北西へと進む。
道沿いに佐野市で食べそびれた佐野ラーメンの店があったが、朝なので開いておらず。

この日の目的地の一つのイオン太田店に到着。


そして県道2号線を西へと進む。
途中、SUBARU社の建物がかっこよく感じたので写真を撮る。


さらに西に進み、伊勢崎市に入る。
午前11時ごろ、ベイシア伊勢崎店に入る。
麺処というフードコートで佐野ラーメンを発見したので、佐野市で食べそびれた佐野ラーメンを食べる。390円と安い値段で食べられるのはうれしい。味もおいしい。でも、群馬で食べる物ではない気がする。


この日の天気予報では、13時ぐらいから雨なので、それまでに地図帳に載っている群馬県前橋市の国道50号線沿いにあるという中野PAに行って、雨宿りをするという計画を建てた。

県道40号線と国道50号線の交差点付近で雨が降り始めて、かっぱを着た。もうすぐ中野PAだと思っても中野PAらしきものは見当たらない。地図帳に騙されたと思って、雨の中を走り続ける。ごはんを食べてしまったので、レストラン系に入る気もしない。とりあえず、途中にあったスーパーのFRESSAY朝日町店で雨宿りをする。


雨がやんで、そのまま西へ進み、前橋駅に行く。
群馬名物の塩トマトゼリーと酒まんじゅうを買って食べてみる。
酒まんじゅうはおいしい。塩トマトゼリーはなんとも言えない味(多分だが、晴れた暑い日にきんきんに冷やして、お茶などでのどを潤しながら食べるものなのだろうと思う)。


そして、少し走って、最後の目的地であるイオン高崎に到着。

群馬には、イオンは太田と高崎にしかないらしい。

そして高崎駅まで数km走って、高崎駅アーバンホテルにチェックイン。
宿泊代5500円+朝食代700円を払う。

群馬に来たら食べなければいけない2つのものを食べるために高崎駅内にある群馬の台所へ行く。


一つ目に峠の釜めし。

これは駅弁として売れて当たり前だという味と見た目。

もう一つは焼きまんじゅう。これも群馬の台所で注文できた。

結構、好きな味。中にはあんもなにも入ってなく、まんじゅうというよりパンを食べている感じだった。

この日の走行距離は、59kmぐらい。
 

次の日のホテルの朝食のバイキングはすごくよかった。やっぱり人が少ないバイキングは最高にいい。

最終日は上尾の家に国道254号線を使って帰るのみ。
この日の走行距離は、84kmぐらい。

-----------------
スポンサードリンク

-----------------

  今までの旅

足利まで自転車で行く

2017年4月30日午前10時ぐらいに埼玉県上尾市を自転車で出発。
国道122号線を北上する。
途中、うなぎ屋でうな丼を食べてイオンモール羽生に到着。
ただ、屋上駐車場に行って写真を撮る



さらに国道122号線を北上して群馬県に侵入。
国道354号線を東に行って、県道7号線を北上。
途中国道50号線を東に進み、第一目的地点のイオン佐野新都市店に到着。
従業員駐車場から写真を撮る。


佐野市に来たから佐野ラーメンを食べようと思ったのだが、
イオン佐野新都市店には佐野ラーメン専門店がないみたいである。
とりあえず、道を走っていたら佐野ラーメンを食べられる店があるだろうと思い、県道270号線を北上してから県道67号線を西に進む。

途中で佐野ラーメンの店は見つけるのだが、午後3時~午後4時なので店が営業をしていない。もう、そのまま足利市へと進む。足利市に行っても佐野市に近いから、佐野ラーメンを出す店ぐらいあるでしょと甘い考えを持ちながら行く。

JR足利駅に到着する。


ホテルルートイン足利駅前でチェックインを済ませて、足利駅周辺で佐野ラーメンを食べられるところを探す。アピタ足利店まで行ったりしたが、全然見つからない。

足利名物が食べられるならなんでもいいやと思って、再度飯屋を探すが全然見つからない。2時間ぐらい足利駅周辺を自転車を走らせて、午後8時にようやく足利名物と書かれた飯屋を発見する。



足利名物の九一そばらしい。もりそばを頼む。500円台と良心的なお値段。


おいしい。やっぱり、そばはいい。

さすがに、野菜が少なすぎたので、スーパーでシーザーサラダなどを買って食べる。


ウーロン茶とレモン牛乳と草餅も買ったので飲んだり食べたりする。
この草餅は中にあんこが入ってないことに驚く。

そして、ベッドで寝ようと思ってもなかなか寝付けない。
ウーロン茶を飲んだことを激しく後悔する。

結局、2時間ぐらいしか寝れずにホテルの朝食バイキングへ行く。
人が多いし、野菜も少ないし、返却口におぼんが床まで置いてある状態で正直に言ってよくなかった。そして、次の目的地の群馬県高崎市へと向かう。

この日の走行距離は64kmぐらい。


-----------------
スポンサードリンク

-----------------


今までの旅


2017年4月29日土曜日

今治へ行く

2017年4月26日、27日と愛媛県今治市へ行った。



4月26日、夕ご飯を食べるところを探しに、駅近くのいまばり銀座という商店街に行ったが、完全にシャッター街である。

なかなかいい飯屋が見つからないので、愛媛は広島に近いということで、広島風お好み焼き屋で食べることにした。


一度、広島焼きを店で食べてみたいと思ってたが、広島焼きの店と広島焼き以外のいい店があると広島焼き以外のいい店を選んでしまうので、広島焼きを店で食べたことはなかった。



今回はえび玉(550円)を頼んだ。
うすい小麦粉の生地とうすく焼いた卵の間に、焼いたキャベツともやしと少量のえびをはさんだものである。ソースがうまいが、夕ご飯としては物足りない。

食べた後、いまばり銀座の近くを歩いていると、今治名物のかまぼこ屋を発見。
夜食として、かまぼこをいろいろ買う。厚焼きとじゃこ天とすまきを買ったが、サービスとしてきくらげ天も入れてくれた。(炭水化物として鶏五目も薬屋で買う)


じゃこ天を初めて食べたがおいしい。

中学の修学旅行で愛媛の松山に行っていて、じゃこ天の存在も知っていたが、ひねくれていてじゃこ天を食べなかったなあと昔を思い出した。その当時は、班行動で道後温泉に行きながら自分一人だけ道後温泉に入らずに店の前で日向ぼっこをしていたレベルでひねくれていた。

すまきという名のかまぼこはストローみたいなのをかまぼこの周りにくっつけていて食べにくかった。なぜストローをかまぼこの周りにつけていたかはよくわからない。

4月27日の夕方は、今治駅前の二葉というお店に行ってみた。その店のドアに書いてある営業時間を見ても終了時刻だけがなぜか消されていた。午後6時ちょっと過ぎに入ったら、営業時刻はもう終わっていたらしいが、今回はokだった。

鯛めし御膳(1150円)を頼む。


鯛めしは鯛のそぼろが入っていておいしいが、パサパサしていて食べると水分を補給したくなる。そういう時にうどんのつゆがありがたい。

駅前にレンタサイクル屋があって、しまなみ海道を自転車で走って対岸の広島県尾道市まで行けるみたいだが、これはまた機会があればやってみたい。

今までの旅


-----------------
スポンサードリンク

-----------------

2017年2月18日土曜日

番外編1










































































































































































































































































































































































































































次の話 1話(ちりめんじゃこの中のあいつ)

目次に戻る

-----------------
スポンサードリンク

-----------------

2017年1月29日日曜日

どこかのごはん8話




























































































































































































































目次に戻る


-----------------
スポンサードリンク

-----------------

2017年1月1日日曜日

土浦まで自転車で行く(千葉県銚子市→茨城県土浦市)

1日目、2日目はこちら→ 埼玉県上尾市→千葉県銚子市

2016.12.30
千葉県銚子市のビジネスホテル近江屋を午前8:30ぐらいに出発。
すぐに利根川を越えて茨城県神栖市に到着。(銚子市→茨城県神栖市)












国道124号線を延々と走り、潮来市で県道50号線に入る。ここからアップダウンがそれなりにある道になる。流石にきついので、途中で脇道に入り、国道355号線に入り北上。途中で国道354号線を西に走る。道の駅たまつくりに到着。霞ヶ浦を望むことができる。(神栖市→潮来市→行方市)

この道の駅で名物の行方バーガーを食べる。下の写真の左がなまず肉とれんこんが混ざったパティでできたハンバーガー(500円)で右が鯉肉のパティでできたハンバーガー(400円)である。霞ヶ浦で捕れる魚をコンセプトにしているみたいである。











ソースの味が強いおかげで川魚の肉の臭みが消えていた。(かすかに臭みを感じたが)
一回ソースなしで食べてみたい気もする。

霞ヶ浦の橋を渡ってかすみがうら市に入る。(行方市→かすみがうら市)











その後は、国道354号線を西へと進み続けた後、途中で左に曲がり土浦駅に行く。土浦駅東口のライフイン土浦というビジネスホテルに泊まる(5600円)。(かすみがうら市→土浦市)

3日目の走行距離は81.4kmである。




土浦駅西口に行っててんぷら屋に入り、うな丼(1100円)とれんこん入りそば(550円)を頼む。白魚海苔巻のてんぷらも気になったが、スルーする。どちらもおいしい。れんこん入りそばはさっぱりしていて、脂っこいうな丼を食べた後にちょうどいい。
























2016.12.31
後は上尾市に帰るだけである。延々と西へと走り続ける。
見どころは下総利根大橋有料道路で、自転車は20円を払えば通れるそうな。












4日目の走行距離は75.3kmである。




4日間で計297.7kmを走行したことになる。疲れた。

今までの旅

-----------------
スポンサードリンク

-----------------