2015年6月29日月曜日

過去の特別警報が発表された事例

特別警報とは
重大な災害が起こる可能性が著しく大きい場合、気象庁が警告のために発表する情報であり、2013年8月30日から運用された

過去の特別警報が発表された事例を簡易表の下にまとめました
(その時の降水量と実際の被害は→こちら)
大雨で災害が起きるときの降水量

簡易表
日にち 都道府県と特別警報の種類と死者数
2018年7月6日~8日

高知県西部(大雨)3人死亡
愛媛県南部(大雨)26人死亡
岐阜県(大雨)1人死亡
京都府北部(大雨)5人死亡
兵庫県(大雨)2人死亡
広島県(大雨)90人死亡
岡山県(大雨)60人死亡
鳥取県東部(大雨)0人死亡
福岡県(大雨)4人死亡
佐賀県(大雨)2人死亡
長崎県(大雨)0人死亡
※6/28~の特別警報が出ていない時間帯や特別警報が出ていないけど
県として特別警報が出た地域の死者数も計上している
2017年7月5日 大分県(大雨)3人死亡
福岡県(大雨)36人死亡
島根県西部(大雨)0人死亡
2016年10月3日~4日 沖縄県本島地方(大雨、暴風、波浪、高潮) 0人死亡
2015年9月10日~11日 宮城県(大雨) 2人死亡
栃木県(大雨) 3人死亡
茨城県(大雨) 3人死亡
2014年9月11日 北海道石狩地方(大雨) 0人死亡
北海道空知地方(大雨) 0人死亡
北海道胆振地方(大雨) 0人死亡
2014年8月9日 三重県(大雨) 0人死亡
2014年7月7日~9日 沖縄県本島地方(大雨、暴風、波浪、高潮) 0人死亡
沖縄県宮古島地方(暴風、波浪、高潮) 0人死亡
2013年9月16日  京都府(大雨) 0人死亡
滋賀県(大雨) 1人死亡
福井県(大雨) 1人死亡


-----------------
スポンサードリンク

-----------------

0 件のコメント:

コメントを投稿